ローマ字/ピンインで発音を表記

日本語は「かな」で漢字を読むことができますが、中国語の場合ローマ字で読みます。例えば「你好」は「nǐ hǎo」となります。1958年に制定されたアルファベット・ローマ字表音表(ピンイン)は独特の組み合わせがあり、舌の位置など日本語を話す上では意識しない発音をしたりします。
 中国を学ぶ上では、まずこのピンインの発音を何回も練習することから始まります。

読み方は多くない!

漢字1つにつき、基本的に1つの読み方しかありません。なかには「多音字」と呼ばれる、いくつか別の読み方をする漢字もありますが少数です。外国の人が日本語を学ぶ際に「読み方の違い」で苦労しますが、その点中国語は単純ですね。
 例えば「行」という漢字は「xíng」と「háng」の2音あります。「行」一文字の場合、許可を表す「いいよ」と言う意味ですが、「銀行」と読みたい場合は「yín háng」となります。

声調が4つある

 漢字の発音には抑揚を意味する声調が「第一声・第二声・第三声・第四声」と4種類あり、合わせて「四声」と言います。ピンインで表記する場合、「ā á ǎ à」と母音の上に左記のようにつけます。前回も書きましたが、声調の仕方によって意味が全く異なってきますので、この発音の正確さがとても大切になります。
 単純に言うと、上がったり、下がったり、下げてから上げたりと言った具合で私は一番、下げてから上げる「第三声 ǎ」の発音に苦労しました。
 You Tubeで「中国語 四声 発音」などと入力すればネイティブな発音が学べるので、ぜひ検索してみてください!

 また、単語や文章の最後に付けるため、どの声調にも当てはまらない発音を「軽声」といいます。疑問文などを表す単語に付けることが多いです。言葉の通り、「軽く発音する」と覚えておけばOKです!

格変化が極めて単純!

 中国語の特徴の一つとして、動詞や形容詞において格変化(他の語との関係によって語形が変わること)が多くありません。過去形や否定形を表す場合、その意味を表すセンテンスがあるので、文法のルール通りに当てはめるだけでいいのです。例えば、「食べた」の場合「吃了」となり「食べる」の「吃」の後に、過去形を意味する「了」をくっつけるだけです。
 形容詞では、日本語だと「楽しい」と過去を表す「だった」の組み合わせで「楽しかった」となりますが、中国語では楽しいを意味する「开心」だけで過去の事も表せます。形容詞が過去・現在関係なく表現できるのはありがたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です