初心者の中国語の学び方

 中国を勉強する上で一番大切なことは、発音です。中国語は同じ単語でも上がったり、下がったりするだけで全く意味が異なります。

中国語は曖昧な発音をすると意味が異なる

 例えば「バナナ」を意味する「香蕉」と「ゴム」を意味する「橡胶」は同じく「xiang jiao」と発音しますが、「バナナ」は「xiāng jiāo」、「ゴム」は「xiàng jiāo」と声調が違うので、曖昧な発音をすると意味が違ってきます。まずは面倒でも、何回も何回も発音CDなどを聞いて声に出してみることが大切です。中国人同士の会話を聞いていると、怒っているように聞こえるとよく聞きますが、一音一音はっきり喋ろうと思うと、どうしても声が大きくなるのも実情ではないでしょうか。

中国語を勉強し始めた時に思ったこと

 私が勉強し始めて思ったことは、「中国語は基礎の発音からこんな難しいなんて…英語を勉強した方が手っ取り早いんじゃないか」と、すぐに挫折しそうでした。しかし勉強して言えることは「取っ掛かりこそ難しいものの、文法などは覚えやすく、また尊敬語や丁寧語などもほぼないため、学んでいくほど飲み込める速度も早い」ということです。なので、まずは挫折しそうでも発音をしっかりと習得しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です