中国語を上達させるコツその2

 中国語を上達させていくには、語彙力も必要ですね。ではどうやって増やしていけばいいでしょうか?
 一つ目の方法としては、同じカテゴリーの語彙をそれぞれ覚えていくことです。例えばスーパーに買い物に行くとします。食品で必要なものは「きゅうり、トマト、じゃがいも、豆腐、豚肉、ヨーグルト、牛乳…」。文房具だと「鉛筆、消しゴム、ノート、色鉛筆…」など身近なものからピックアップしていきます。
 また、まずは日常で使う動詞(食べる、飲む、歩く、走る)などから初めて、次に形容詞、次に副詞、助詞…を覚えていくこともできます。形容詞を覚える際には、反対の意味(冷たいと熱い、早いと遅いなど)をセットで覚えることがコツです。 
 どの覚え方でもいちおうに漢字で書き、ピンインと声調を付け、声に出して読み、ノートに何回も何回も書いてみることです。最後はやはり繰り返しですね。

同じ漢字から同じ発音の語彙を見つけていく

 こんな方法もあります。同じ漢字から同じ発音の語彙を見つけていくことです。
 例えば「北海道」は「běi hǎi dào」で、同じ「北」を使った他の言葉に「北京」「běi jīng」、「北国」「běi gúo」があります。それでは「国」を使った他の言葉は?「中国」「zhōng gúo」がありますね。
 このように一つの言葉から、連想ゲームのように同じ言葉を使って語彙力を増やして行くこともできます。このやり方ですと、一つの漢字の読み方を完全にマスターすることもできますよね。

子供向けの絵本を読んでみる

 その他にも、子供向けの絵本を読むこともオススメしています。話自体も単純で分かりやすいですし、難しい単語などもありません。中にはピンイン付きのものもあるので、勉強する上ではとても便利ですね。日本国内でも「中国語 絵本」と検索すれば簡単にアマゾンや楽天などで簡単に購入できます。

自分の中国語を録音して聞いてみる

 その他には、恥ずかしくて抵抗がある方もいらっしゃるとは思いますが。自分の中国語を録音して聞いてみる方法もオススメです。単語でもちょっとした文章でも構いません。実際に聞いて見ると、声調の変化がしっかりできているか確認できます。
 今現在はアプリでボイスレコーダーも入手できますので、とっても便利ですね。私の時代は、テープレコーダーに自分の発音を吹き込んでいました・・・。 
 

 とやり方は人それぞれですが、参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です