中国語を本格的に学びたいと考えているそこのアナタ。言語だけ学べば中国人と仲良くなれると思ったら大間違い。言語のお勉強はそこそこに、知っておくべき中国の基礎知識に触れてみましょう。

人口の9割は漢民族、残りは少数民族

中国は多民族国家ですが、56の民族があり、そのうち漢民族が人口の9割以上と大多数を占め、残り1割のの55の 民族を少数民族と呼んでいます。漢民族が使用する言葉が「漢字」を使用する「漢語」です。

ご存知の通り国土は広大ですので、方言も多種多様。所変わればお互いが外国語を話しているようで、全く理解できません。単純に中国語といっても、北京語や天津語、上海語、四川語…などと様々で、同じ単語でも声調のつけかたが異なったりします。

中国語の「普通話」=「標準語」

そこで、中国全土で通じるという意味の「普通話」=「標準語」が定められ、テレビやラジオ、新聞、学校教育などの公の機関で使用されるようになりました。
人々はメディアで標準語を聞いて暮らしているのですが、地元同士の会話になると、その土地の「方言」が出てしまいます。これは、日本でも同じことがいえますよね。

私も中国の大学で中国語を覚えましたが、もちろん標準語を勉強しました。そのためこのブログでは、簡体字を使用した標準語の勉強をしていきます。

ツァイ先生
中国語を教える先生はきれいな標準語を話していましたが、中国風俗や文化、中華料理の先生はなまっていましたね笑

漢字の省略版が「簡体字」

ご存知の通り、中国語は全て漢字を使用していますよね。流行語や外来語も全て漢字に当てはめて発音されます。
日本にも伝わってきた漢字ですが、現在では日本の漢字と全く同じものもあれば、形の異なるものもあります。中国では漢字の画数を減らしたり、一部分を省略したりして簡略化してきました。

 例えば、「語」は「语」と「ごんべん」が簡略化されました。「買」も「买」と日本には無い漢字です。

メガネ丸
なんだか省略しているはずの簡体字のほうが難しくないか?「买」なんて「買」の原型をまるでとどめていないと思うのだが…
ツァイ先生
最初は慣れないかもしれませんが、よく読み、よく書くことで解消されていきますよ!

なぜ簡体字が生まれたのか

簡体字を眺めていると、中国ではなぜ2種類の漢字が生まれてしまったのかという疑問が自然に湧いてきます。なぜ簡体字が生まれたのかについて話すと長くなりますが、ざっくり説明すると「漢字を学べなかった人たちが見よう見まねで書いた漢字」が簡体字の素なのです。

大昔は上流階級しか漢字を学べなかった

その昔の中国では、漢字を学べるのは上流階級の人たちだけで、そのような人たちは偉いお役人になりました。逆に、それ以外の民間人たちは漢字を学んでいる暇はありませんが、歴史の進化とともに市民全体が社会参加をするようになると、漢字を覚えなければいけなくなってきます。

民間が書いた「変な字」が認知される

漢字を知らない人たちが漢字を学ぼうとすると、当然ながら変な覚え方をするようになりますし、色々な書き方をするようになります。このような「漢字」は当初、役人に認められませんでしたが、世間的に認知されるようになった字も出てくるようになりました。

中国文字改革委員会が精査

中華人民共和国設立から間もない1950年になると、中国文字改革委員会という内閣の直属期間が、民間で出回ってきた文字を長年かけて精査し、1964年に晴れて文字として採用されたものが「簡体字」なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です